ホーム > ブログ > セバスチャンについて、その2

セバスチャンについて、その2

 

もともとこの映画はappledoreというバンドをやってるいさむくんがINDEPENDENCE DAYという

イベントがあるからそれに向けて映画撮りましょう!と誘われて、じゃぁやろう!と撮った映画です。

INDEPENDENCE DAYを企画した吉祥寺プラネットKの店長さんはバカバカンスのDVD発売イベントでもお世話になりました。

で撮った映画はバカバカンスを上映してくれた吉祥寺バウスシアターでまた上映してもらおう!

でバウスシアターにお話を持って行きました。

って、ことで進められた映画がセバスチャン。

でも最初のタイトルは「いさおの恋」

シナリオの第一稿が出来たのは5月頃。吉祥寺の中華料理店の出前持ちのお兄ちゃんの話にしよう。そのお兄ちゃんのちょっとした恋のお話にしよう、ってことでシナリオ書きました。

イメージはおこがましくもトリュフォーの「二十歳の恋」みたいなの。軽みがあるちょっとしたお話がいいなぁ。と。

と思ってたのですが。

書いてみたら、そうはならなかった。

向いてないみたいです。

でも、そんなのもいつか撮ってみたいです(続く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ホーム > ブログ > セバスチャンについて、その2